1. ED治療薬は通販で買う時代|俺を勃たせてくれたED治療薬のスゴさ   >  
  2. バイアグラはもう古い?!

バイアグラはもう古い?!

バイアグラの錠剤

バイアグラは世界で最初に発売されたED治療薬(勃起不全治療薬)で、アメリカのファイザー社(Pfizer)が販売しています。1998年に発売されて以降、日本を含む先進国で話題を呼び、日本ではその翌年に厚生労働省の認可を受けて、今でも多くの病院やクリニックでED治療に使用されています。

バイアグラはシルデナフィルという成分によってペニス周辺の血流が促進されて勃起が起こるようになっているのですが、服用してから大体1時間程度でその効果が発揮されます。持続時間は5〜6時間となっています。

バイアグラは画期的なお薬だと高い評価を得ていたのですが、強いお薬なので稀に心臓発作を起こして倒れる人もいました。それから別の製薬会社が研究と開発を重ねて、レビトラやシアリスといったさまざまなED治療薬が後を続いて登場したのです。

レビトラやシアリスはバイアグラのデメリットや欠点を解消するような特徴を持っており、バイアグラを愛用していた男性の多くがそれらに移行していったそうです。日本でもバイアグラは日本人の小さな体格にとっては強すぎるといわれており、比較的マイルドなシアリスの方が好まれています。シアリスはED治療薬ではバイアグラを抜いてトップのシェアを誇るようにもなりました。

もちろん、未だにバイアグラを愛用し続けている男性も多くいますが、僕は個人的にいってバイアグラはもう古いと思っています。価格も比較的高いし(いまではカマグラゴールドなどのジェネリック医薬品もあるから安く手に入りますが)、強く効き過ぎてもあまり良いことないので、ED治療薬=バイアグラという認識が強い方は、一度他のお薬の特徴を見てみることをお勧めします。最近はバイアグラ含めて色んなED治療薬が通販サイトで販売されているので、ネットで比較することができますよ。